2年振りにオーナーと男女群島に行ってきました。

2月から天気予報と睨めっこをしていたら、
いつの間にか3月半ばまでずれ込みました。

今回も、新幹線と車を利用して
東京を12時に出発し、広島に17時に到着。

到着後は、急いで釣具屋さん、近くにあるスーパーで買い出しをして
朝4時に広島を出て、途中、佐世保大塔で釣具屋によってコンビニ、酒屋、恒例にしたいだるま食堂で
ご飯を食べて11時ちょいに田平港に到着。


前回が、皿うどんだったので今回は酒屋さんでお勧めされたハンバーグ定食
ふわふわでおいしかったです。

行きも帰りも自分は一切運転をしていないので
道中は、ほぼほぼ寝ていました。

今回持っていいった食料は、パン5、カップラーメン2、おでん1、カレー1、牛肉合計650g、
ソーセージ×2 豚肉350gブラックサンダー8、水2リッター ジュースお茶計4リッター 栄養ドリンク4本
肉が明らかに多すぎで、次回は肉は一人350gで大丈夫 あと肉の保存の為 氷の準備とクーラーボックスに入れる事

撒餌は、広島でオキアミ2、ジアミ1
あじか オキアミ2 ジアミ1 集魚剤1の4セット
予備の集魚剤は合計4 余り2

さて備蓄録も終わったので釣行記です。

2年ぶりの田平港に着き、荷物の準備をして
是から始まる耐久レースならぬ、釣りにテンションは上がる一方
早々と、今回乗船するヘラクレスに荷物を皆で詰め込み寝て到着を待ちます。


今回、最初に上がった場所は、荒磯かぶりと佐藤瀬を正面に見据えた中尾瀬です。

今回は天気も良かったせいもありますが、とにかく人が多かったです。
行きはデッキまで人がぎゅうぎゅうで、前田船長も、瀬付けするポイントを中々見つけられないようで、
波も風もないのに、西磯を縦横無尽に船を走らせていました。

結果、自分たちが磯に降りた頃には夕方まずめは終わっており、
暗くなる前に夜釣りタックルを組み立てます。

夜釣りタックル

竿 我夢者 4-50
リール レマーレ8000D 
道糸 ブラックストリームマークX 10号 60m?
ハリス トルネードコング 10号 2ヒロ
ウキ キザクラ 宴 B~3B
針 インブライト 13号


(がめついオーナーが10号を8000番に半分づつ巻く約束だったのに、オーナーのスプールに巻きすぎて自分のスプールは60m位に、ラインの巻きすぎに気を付けましょう笑)

自分が立った場所は、荒磯かぶりの丁度裏側で
正面にワンドが有ったのでそこを重点的に攻める事にしたのですが、
何をしても全く釣れない。
でも心折れずに、ここは腐っても男女と思い
攻めまくり、たまにウキの挙動がっと思うと根掛。。。
そんなこんなで20時位に待望の一匹目、
尾長49㎝をゲットし何とかぼうずを回避。

その後はエサ取りすら釣れないまま、
5時位になり眠気もあり、少しだけ仮眠をと思い、横になると
気が付けば日はしっかり昇っており、6時ちょい。

話が脱線しますが、
Litom LEDヘッドライト
めちゃお勧めです。
今回、赤色LEDってどうなんだろうと思い新調したのですが、
安いし、防水だし、赤色だし、明るくもなる
赤色LEDだと夜釣の際に光の漏れを気にせずに
磯移動が出来るのと、仕掛けの交換位なら十分に出来ますので
ぜひ、試してみて下さい。

さて目の前の、荒磯かぶりに入ってる釣り人も
よく寝ているようで、夜中はほとんと竿立てに
竿が入っていました。

そして朝まずめのチャンスタイム
まさかの爆睡…。

オーナーは朝まずめに尾長を2匹釣っており、
起きれなかった事を後悔しますが、
取りあえず急いで準備をして釣りを再開しますが、
私のウキは全く無反応のまま浮いています。

昼タックル

竿 アテンダー2 2.75‐50
リール テクニウム3000D
道糸 ブラックストリームマークX 4号
ハリス トルネードピンク 4号 2ヒロ
針 TKO 10号
ウキ 釣研 ど遠投 0~3B イージス0~3B

しかし今回の男女は釣れないと事前に知っていはいたが
本当に釣れない、
千葉で釣りをして釣れないのと意味合いが違うと思いながら
8時位に昼用ロッドに変更をしながら、チョンボの方を見ていると
同じ船できた釣り人が快調に竿を曲げていえて、羨ましいの一言です。

此方も密かに美味しい魚を釣っていたオーナ⁻

過去に朝一でチョンボに乗った事はありますが、
例え釣れるとしても、あそこでは一夜を過ごしたくないです、
一歩間違えは、あっという間に流されてしまう、恐怖。
でも、羨ましい(笑

とにかく自分の釣りに集中して丹念に沈ませたり、なんやらかんやらやって
2匹目の尾長45位を釣り

今回は自分が釣った魚は2匹だけです。
エサ取りすら構ってくれない男女群島。

昼くらいになると目の前に沖から近づいてくる、沸きグレ
はがゆいので、撒餌をプレゼントしてこっちに来ないか試しましたが
華麗にスルーをしていきました。

今回は天気がとっても良く、
とても3月とは思えない位、陽気天気、シャツ一枚で十分の暖かさもあり
夜中にあんまり寝ていないこともあり、
タバコを吸いながらウキも穂先も見ずにぼぉーっとしていると、

はい、待望の当たり、そして5秒でちもとで切られる痛恨の一撃を食らう…。

こんな場所でもやはり男女、でかいのはいるんだと、思い
気合を入れるが、その後はまたうんともすんとも。

あんまりに釣れないので15時の段階で場所移動

上がったのは北村瀬の横の横と言うのでしょうか、
腐っても西磯 雰囲気はあるので
再度夜釣タックルに変更をして気合を入れなおしますが…。

沈めれば、根掛
浮かせて広範囲に投げまくりウキが安定する所を探しても、
どこに投げても即、自分の前の前から消えていくウキ。

そして恒例の焼き肉でこの下がったテンションをあげて行きます。
毎度ながら斜めの場所で不安定な体を岩に押し付けて食べる焼き肉は
何故か美味い

そして腹が膨れれば、今度は眠くなるのは
人のサガですね。


結果、その後も私はエサ取りすら釣れないまま朝を迎え
帰路につきました。 オーナーはこの朝まず目で何匹か釣っていました。。。


因みに今回は行きはヘラクレス
帰りはカイザーと、乗り換えだったのですが、
寝る場所が満員だった為、
帰りは初のデッキでした、
自慢である、どこでも寝れる自分が初めて寝れないまま
港に着きました全身バキバキなまま車内に体を押し込み帰路につきました。

今回の釣果

40-55 尾長8匹、クチブト0匹
何だかあんまりな釣行記になってしまいましたが
男女に行き始めて8年、オーナーは20年ですが、こんなに釣れなかったのは初ですが、
帰路の車の中で密かに
腕を磨いて、また男女群島に行くことを心に誓いました(笑